shimachanの鳥取移住日記

鳥取に引越ししてきて1年。鳥取の日々の日常を綴ります。

樗谿グランアパートに行ってきました!

鳥取は市にある樗谿グランアパートに行ってきました!近代建築が大好きな私としては、行ってみたかった場所です。


先日、知り合った方になんと月二回公開していることを教えて頂きました!


そして今日は待ちに待った公開日(((o(*゚▽゚*)o)))

写真をブログに載せることを許可頂いています。


まずは外観の写真を

f:id:bibliowakasak:20161203230454j:plainf:id:bibliowakasak:20161203230336j:plain

正面からうまく撮れなくて(^^;;


ちょうど行った時に説明会に間に合いました!ラッキー☆


樗谿グランアパートは、昭和5年にまず病院として建てられたそうです。日本建築に洋風取り入れた造りでしたが、進駐軍の宿泊場所と使われたため、二階の一部を増築し、進駐軍に合わせた造りに変わった部分も。歴史とともに変化、共存している興味深い建物です。


私のお気に入りは螺旋階段。仁風閣と似ているなって思ったら、なんと同じ様式だそう。階段だけ、明治に作られた別の病院から移設されたそうです。今も階段に上がれるのはすごいです。曲線美がきれいです(≧∇≦)

f:id:bibliowakasak:20161203232015j:plain


天井もステキでした!

ダンスホールの天井はライトグリーン。照明の周りの飾り?がオシャレでした。

f:id:bibliowakasak:20161203232306j:plain

ゲストルームの天井は木張りで、シンプルだけどきれいでした。窓枠も素敵でした。

f:id:bibliowakasak:20161203232608j:plain

窓枠

f:id:bibliowakasak:20161203232724j:plain


日本様式のお部屋もありました!作った方のこだわりが見れて面白かったです。


増築した部分は杉なので、声が響くというのも素材によって変わるんだって知り驚きました。進駐軍の当時のベットも残っていました。


これからも家主さんと保存会の皆さんが保存されるとのことです。維持は大変だと思いますが、歴史的にも建築的にも価値があるので、ずっと残して欲しいと思いました。